六 曜




六曜 一般的な読み
(その他の読み)
意味 旧暦の朔日
先勝 せんかち
(せんしょう・さきかち)
「先んずればすなわち勝つ」の意。
急用や訴訟などが吉。午後は凶となる。
正月・7月
友引 ともびき
(ゆういん)
「凶事に友を引く、凶禍が友に及ぶ」の意。
葬式・法事は凶。夕刻は大吉となる。
2月・8月
先負 せんまけ
(せんぷ・せんぶ・さきまけ)
「先んずれば即ち負け」の意。
控えめに静観がよい。午後は吉となる。
3月・9月
仏滅 ぶつめつ 「仏も滅亡する最悪の日」の意味。
何事をするのも忌み慎む方がよい日
4月・10月
大安 たいあん
(だいあん)
「大いに安し」の意味。の意味。
何事をするのにも上吉の日
5月・11月
赤口 しゃっく
(じゃっく・しゃっこう・じゃっこう・せきぐち)
陰陽道の凶日の1つ「赤口日」。
何事をなすのも忌むべき日。正午のみ吉
6月・12月


※六曜の規則性
「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」そしてまた「先勝」

※旧暦の朔日
旧暦の月の最初の日、つまり1日の事を「朔日(さくじつ/ついたち)」という。
この朔日(1日)を基準にループが始まる。それぞれの月で、始まる基点が異なる。
例えば「先勝」は旧暦の正月と七月に先頭となる。
となると旧暦の7/2は「友引」である。8月に入ると、先頭は「友引」からスタートとなる。